小さな丘のまちで暮らしているPoの日記です。
本家HP 「zum Hugel」
http://www.geocities.jp/zum_hugel/index.html
いよいよ

好きな絵や写真を貼って飾れるカレンダーがあるのですが

これは2月の写真。

気温が低くても,日差しが強くなってくる感じ,出てるかな?

 

 

これは3月の写真。

年明け前は,午後4時には真っ暗になるのですが

3月はだいぶ陽が長くなって,夕焼けがきれいになる季節です。

というわけで,日の光にこだわった写真,2ヶ月分でした。

 

 

昨日,次男が本命の中期受検に向けて旅立ちました。

5泊6日。同じ学校を油絵科で受ける友達は,7泊8日。

作品を仕上げる美大の受験は,長いです。

部活を引退してからが本格的スタートだった次男は

その時点では明らかに他の子よりも遅れをとっていましたが

絵はやはり勉強とは違うもののようで

ちょっとの刺激や,気の持ち方でどんどん変化していく過程は

素人の私でも,見ていて何度も感心しました。

精一杯,やることはやったと思う。

結果はどうあれ,自信持って今の自分の絵を描けるといいね。

 

 

この春は次男だけでなく,私以外の家族全員,転機の年になりそうです。

どんな結果になるのかな。

何があっても,真ん中で,美味しいご飯を作るお母さんでいれば

まあ人生大丈夫でしょう,と思って頑張るぞ〜。

11:07 - comments(0)
黒板アートと卒業式

先週は,次男の卒業式でした。

前日と当日の登校日二日間で

クラスメートでやはり美大希望の女の子と次男の二人で

卒業記念黒板アートを描きました。

こちら,次男が描いた後ろの黒板。

「やったことないから大変だった〜」といいつつ

服の緑は黒板の色を生かしたり,

肌色は黄色とオレンジと白を混色したり

あれこれ細かく書き込んでいるのが次男らしい。

「それぞれ自分の顔をイメージする」という友達の意見を生かして

表情を描かずに,タイトルもこうなり

文字は,別の友達に書いてもらったそうです。

お疲れ様〜〜。

 

 

こちら,クラスメートが描いた前の黒板。校舎と正門です。

最初は同じ美大希望でしたが,彼女の方が変更になりました。

二人とも,夢が叶うといいね。

 

 

ステージの上は花というのが一般的ですが

ここの学校は立派な五葉松。

入学式もあわせて4回見たなあ。見納めでした。

 

 

子供達2人,お世話になりました。

高校としては校風が自由で,のびのび過ごせた6年間でした。

「ついにうちに高校生がいなくなってしまったよ〜」と言ったら

「時が経てばいずれそうなる,あったりまえでしょう」と

次男にあっさり返されてしまいました。

そうなんだけどさ,やっぱりなんか寂しいのさ。

夜は,ステーキ肉をしこたま買い込んできて

お皿に山と積んで食べ放題でお祝いしました。

中期の大学が第一希望の次男の受検は来週。

さて,もうひと頑張りです。

14:23 - comments(2)
人生初のDIY

ある日の朝食。そば粉を買ってきたのでガレットを作ってみました。

そば粉を入れる以外は,クレープとあんまり変わらないんですね。

トマトがあると良かったなあ。

 

 

台所のプチ改装で,食器の収納を変更したのですが

入れ替えの時に,一時的に台所に並べた皿の山を見て唖然。

多分,普通の家庭よりは多いんだろうとは思っていたのですが

改めて数えたら,大皿から醤油皿まで皿だけで大小70枚はありました。

お客さん用のティーセットやケーキ皿,大人数用の大皿は

別にしまってあるので,並んだ皿はあくまで普段使い。

ということは,ホントに全部合わせると,皿だけで100枚超?!

4人家族なのに,実質3人なのに,これから2人になるかも知れないのに

100枚って…倒れそうです。

断捨離の考え方でいけば,明らかに持ちすぎですよね。

でもなんかね,一つ一つ,用途のある皿だから残っているんです。

今後はもう買い足すのはやめにして,破損などで減るのにまかせながら,

なるべく使い倒していこうと思っています。

ちょっとくらいちぐはぐでも,いいしね。

そして今,その大量食器を並べたオープンラックに

なんと人生初の木工で,扉を制作中。

最初は,オープンのままでいいかなと思っていたのですが

ホコリはもちろん,業務用のガス台がある我が家の台所は油煙も心配。

やっぱりあった方がいいだろうと一念発起。

ダンナに頼めば早いし頑丈なのはわかっているんだけれど

作りたいデザインが頭の中に浮かんだし,面白そうなので

ネットで調べながらとにかく自分でやってみることにしたのでした。

でも,ノコギリの使い方,サイズのとり方,材料選び…

いや〜〜〜〜,思っていたより手強いです。

最近DIY女子が増えているそうですが,…みなさん器用なんですね。

私,失敗ばかりの紆余曲折。くじけそうです。

でも乗りかかった舟だからとにかく完成させますよ。

ここでお披露目…出来るといいなあ。

23:58 - comments(2)
今年のケーキ

14日のバレンタインデーは次男が札幌に行って不在だったので

一時帰宅した週末にチョコレートケーキを焼いて食べました。

ブラウニーだけど,ガトーショコラとの中間のようなレシピは

今回も鮫島正樹さんの本から拝借しました。

クーベルチュールとカルピスバターとバイオレットの粉と

バウホーテンのココアと三温糖と胡桃とMYERSのラム酒と卵。

卵白も,ボールひっくり返しても落ちないくらい泡立てました。

なので,まずい要素なんかどこにもあるわけない!

作ってすぐも美味しかったけど

4日たったら熟成されてしっとり,味が変わりました。

食べ終わる頃はどうなるのか,それも楽しみ。

鮫島さんありがとうございました。めちゃくちゃ美味しいです。

 

 

 

そして,当日はゼロだったダンナが

何故か今週にはいってボチボチ義理チョコを持ち帰ってきています。

それも,ほとんど全部手作り。

そうか,先週は高校の推薦入試があちこちであったからなあ。

終わってホッとした生徒さん達が

遅いバレンタインを楽しんでいるのかも。

我が家の次男も本命に向けて,最後の追い込み中。

土曜は遅くに帰宅したので,旭川まで迎えにいって回転寿司食べて

(駅前で会った同級生も誘って一緒に連れて行きました。

一週間,知ってる人もいない中でひたすら絵を描いていたせいか

久しぶりに友達と会って楽しそうに盛り上がってました。)

日曜日はのんびりして夜はしゃぶしゃぶで栄養補給。

今朝からまた札幌に戻りました。

予備校に行くのはこれで最後,次の土曜日に帰宅したら

あとは自宅で父さんと最終調整に入ります。

絵のことは何もわからない私,せめてまた料理頑張ります。

23:45 - comments(0)
ろうそくアート

s-DSCF1862.jpg

旭川の冬祭りで,ダンナの学校の生徒さん達が作った,旭川大橋。

500本のろうそくで出来ています。

主催側から支給されるのは普通のろうそくで

後ろにある他の団体の作品はオレンジ1色なのですが

なんとか色をつけようと今年はダンナが知恵をしぼり(笑)

ペットボトルを500本集めて,頭の部分を切ってカラーセロファンを巻き

その中にろうそくを入れたのだそうです。

審査が行われた時間は明るくて,いまいち色が見えなかったせいか

賞は取れなかったようですが,暗くなったら一番目立っていて

来場者の写真撮影率がナンバーワンだったそうです。

生徒のみなさんお疲れ様,きれいだよ〜〜〜。

 

 

私立の入試から戻って一週間,次男は今日から2週間の予定で札幌へ。

3月の本命の受検に向けて,画塾で最後の追い込みです。

受験生いると大変でしょ,って言われることが多いけれど

2月はほとんど家にいないようなものだし

私も時間的には余裕いっぱい。

せっかくの自由時間なので,今台所の改装をしています。

何度も引っ越しを繰り返して,その都度増えた家具や道具を

手放すことが出来ないまま,間に合わせの用に使っていたのですが

この際きちんと見直して,あくまで出来る範囲と予算の中だけれど

自分で気に入るように,使いやすいようにしてしまおうと。

歳も歳だし,これが最大で最後になるように,頑張ってます。

ネットでいっぱい勉強したし,

いろんな道具や素材があることも学びました。

考えるのって,楽しいな。

さて,明日もホームセンターをさまよって来ま〜す。

23:48 - comments(0)
受検開始

s-IMG_3861.jpg

おとといから,次男が私大の受検で東京に行っています。

本命は金沢なので今回はまあ試験慣れというか度胸試し。

でもそのせいか,本人も指導しているダンナもなんかお気楽ムード。

出発前日に天気が荒れて空港の滑走路閉鎖のニュースが流れると

「え,明日もし飛行機飛ばなかったら,俺,待合室で寝るの?!」

と若干ウキウキしている次男と

「まあ本命じゃないし,レジャーみたいなもんだからそれも楽しいか」

とのんきに笑ってるダンナ。

あのねえあんた達,いくらなんでも緩みすぎでしょ!!!

実際は,朝には天気が戻って飛行機は普通に飛んだんですけどね〜。

日程も,それこそ悪天候で飛行機止まったら大変という理由で

2日前に東京入り,学校側の都合で間に休日も1日ありで

実技と学力2日間の試験に5泊6日って…

試験のない日は,同じ学校の友達と会って遊ぶ算段しているし

…完全にレジャーだなあ,もう。

でも,ずっと勉強やら実技に追われて落ち着かない日々だったから

少し環境変わって羽伸ばして,リフレッシュになれば

まあ,それでいいか。

本命への刺激をいっぱいもらえる旅になりますようにと祈りつつ

母は,DIYの材料探しにホームセンターへ行ってきま〜す。

11:11 - comments(0)
おいしいお出汁

s-P1285715.jpg

土曜日,朝からダンナが台所でドタバタしているなあと思っていたら

夕方こんなのが焼き上がってました。

冷蔵庫で冷やしながら何回も折りたたみが必要なクロワッサンは

手がかかるので「1年に1回の大仕事」なのだそうですが

焼きたてのおいしさは,格別なのでした。

夕飯は串カツ。90本作って,3人で70は食べたかな?

ソースが王道なのだと思うのですが,レモン汁と塩もいけました。

食べ過ぎというか,食い道楽ですねえ。

でも,子が受験生なら,父は受験生の担任。

忙しいし気ぜわしいし,遠出もできないので

せめておいしいものを食べるように心がけてます。

 

 

とはいっても,毎日毎日手をかけることはさすがにできないので

せめて基本を大事に,暖かいものを食べるようにするとか

出汁はきちんととろうとか思っていたら

去年から今年にかけて,茅乃舎や小豆島産の天然出汁を

偶然だけどたくさんいただきまして,

とってもとっても助かってます&やっぱり美味しい!

昨日は串カツのシメに,茅乃舎でとった出汁でうすい煎茶を入れて,

塩少々で味付けしてそれをお茶漬けにしたら,

あまりの美味しいさにうなりながら,食べ過ぎました。

次男も,残った汁だけのんでましたねえ。

だいぶ受検のストレスも溜まっているみたいだけど

ちょっとでも解消になれば嬉しいなあ。

さて,明日から次男は自宅学習期間。2月は私立の入試。

何を食べさせようかなあ?

23:08 - comments(0)
樹氷の朝

s-DSCF4308.jpg

今年は寒いので比較的樹氷がよく見られます。

昨日の午前11時頃の我が家の庭です。

朝,ダンナがカメラを持って外に出たときは曇っていたそうなのですが

私が買い物に出たら,晴れていました。

寒かったけれど,風で飛ばされた氷の粒がゆっくりと舞い落ちて

どこかにいる鳥の声だけが小さく響く,幻想的な時間でした。

樹氷の写真はバックが青空じゃないと映えないのです。

 

 

s-DSCF4310.jpg

気温は,この時でマイナス12℃くらいでした。

帰ってきたらすっかりとけていました。行く前に撮って良かった。

 

 

次男のセンター試験が先週無事に終わりました。

次男は,国公立と私大の美術科を一つずつ受けるのですが

その両方でセンターが一部必要で,6教科を受検しました。

兄ちゃんは普通受検,私大はなしだったので知らなかった。

ハンドボールに夢中だった高校生活,

おまけに美大志望だしで,勉強はいつも二の次だったんだけど,

年明け4日に絵の予備校に行って8日に帰宅した後の試験までの5日間,

部屋にこもって追い込みしてました。

その間にも一悶着。なんと試験まであと3日という時になって

「生物の問題集が欲しい,でも他の勉強があるから自分では行けない」

と言い出し,私が朝から旭川の本屋に買いに行く羽目に!

しかもこの日,冷え込んだ上に陽が差して,

地元の人間でも慣れない人は運転しないでおこうと思うような

てかてかツルツルの道路で,ドライブは超スリリング。

もっと前から準備しておけよ,と思いつつ

まあそれで本人の気が済むならいいかという感じでした。

終わってみれば,その追い上げが良かったのか,

買ってきた問題集が効いたのか(?)運も良かったのか(??)

「このくらいは取っておきたい」という本人の目標はクリア。

今後は本番まで,実技試験対策に打ち込む日々です。

試験は3月,まだ時間はあるよ。

 

 

二人目ということで慣れているはずの私も

やっと一つ終わった〜と気抜けしてしまいぼんやりした一週間でした。

受検って,本人もだけど,周りも同じように大変ですね。

 

 

終わったあと,何人かの同級生のお母さんと話したのですが

志望もそれぞれなら結果もそれぞれで

みんな「すべて終わってみなければわからない」状態。

そんな中で,一つ共通の話題だったのは

「男の子って,全然周りが見えてない」ということでした。

第一志望の学校しか眼中になくて,滑り止めの受検を勧めても

「受かってもどうせ行かないから受けない」

という単独受検の子が意外と多い。

「自分が浪人するはずはない,何とかなるだろう」と思い込んでる!

まだ高校生だし,現役の年は特に,世の中の厳しさって

わかってるようでわかってないんですよね。

そういえば兄ちゃんも結局,九州大一つしか受けなかったもんなあ。

今にして思えば無謀な挑戦でした。

でも,受検って結局は結果も含めて「縁」で,

兄ちゃんは九州に呼ばれたのだろうと今は思います。

それぞれの子に,いい縁がありますように。

次男には,どんな縁と未来が待ってるんだろうね。

19:13 - comments(0)
次男の写真

元旦の写真は終わりと思っていたのですが

次男のカメラを見たら,いいのがあったのでもう少し。

隣で私が同じ景色を撮影して

「私のカメラじゃ降ってる雪が写らないなあ」

と言ったら,「俺のちょっと写ってるよ」と見せてくれた1枚。

そりゃそうでしょう,私のよりもいいカメラなんだから!

パソコンの方しか見えないかもですが…。

 

 

s-P102.jpg

拓真館横,白樺の遊歩道。

父さんの写真とはまた違って,なんというか,次男らしい写真です。

 

 

s-P13.jpg

同じ道を,下から見上げたところ。

 

 

s-IMG_37.jpg

日付だけ書かれた,上の部分を自由に創作できるドイツ製のカレンダーを

昨年旅行のお土産にいただいていたので,1月はこの写真に決定。

バックとも合っていていい感じだし,本人も満足そう。

こういうのを見ていると,次男の美術系への進学は

間違ってないのかなと思う親達なのでした(親ばか?笑)。

 

 

1月4日に,絵の予備校の合宿に次男が出かけ

1月5日には,授業が始まる兄ちゃんも九州に戻っていき

一時は家の中が静かでしたが,

一昨日に次男が帰宅,すぐセンターに向けての追い込みに入りました。

必死に過去問を解いているらしく,部屋に篭もってます。

お正月に兄ちゃんから,問題解く順番とか合間のおやつとか

経験者ならではのアドバイスをもらっていました。

受験生がいるというと周りがけっこう気を使ってくれるのですが

私自身は,二人目ということもあり

話題に出されるまで忘れて普通に生活しています。

ぴりぴりしているよりこの方が精神的にもいいと思うし,と

私もまた,親として兄ちゃんを経験して学んだらしいです。

とにかく,やるだけやろう,なるようになるさ。

10:34 - comments(0)
年末年始のこと 元旦編

s-IMG_3850.jpg

元旦は全員寝坊して起きて,いつも通りのお雑煮やお餅で朝ご飯,

例年ならこのあと,初売りに出かけるのですが

今年は,子供達の冬の服なんかも年末に購入済みだったし,

いつもと違うことをしてみようかと思い立ち,

初詣で次男の合格をお祈りした後,

町内の雪景色撮影ドライブに出かけてみました。

運転手は,普段運転してない長男が冬道教習をかねて。

 

 

s-IMG_3817.jpg

今年は12月に積雪が多かったせいもあり

青い池に行ったら完全に覆われて湖面が見えなかったので

(それでも観光バスが来て団体さんが記念写真を撮っていました)

その上流にある白ひげの滝にいってみました,

凍り付いた滝の水も青く見えるんですね,住民なのに知らなかったです。

 

 

s-IMG_3829.jpg

橋の反対側の流れ。こちらも青いです。

 

 

s-IMG_3838.jpg

そのあと裏道を抜けて,クリスマスツリーの木へ。

晴れていると良かったな。

 

 

s-IMG_3844.jpg

走っているうちに夕暮れが近づいて,かすかに太陽が見えました。

 

 

s-IMG_3843.jpg

拓真館の隣にある白樺の遊歩道も,雪の中です。

 

 

元旦に町内を走ったことがなかったので知らなかったのですが

どこの撮影スポットも,雪景色の撮影目当てのカメラマンや

観光客でいっぱいでした。

冬の美瑛,思ったより人気あるみたいです。

晩ご飯は,前日の手巻き寿司のお刺身の残りを漬けにして

ちゃんと昆布とカツオでとった出汁で(この日はここだけ頑張った。)

漬け茶漬けと,前日作ったおせちでまた宴会。

食べて飲んで,何も考えない年の初めでした。

というわけで,みなさん今年もよろしくお願いします。

18:33 - comments(2)
1/114PAGES >>